■メニュー > トップ > Visio活用 > GENBA(現場)

Visio活用

GENBA(現場)

”ゲンバ” ソリューションについて

株式会社オフィス・アーク 函館営業所

現在仮設工事の受注をするに当たり、現場からは図面持込による依頼、設計も含めた依頼の2通りが主なケースです。
どちらの場合でも、現場との間のコミュニケーションは重要であり、図を用いたやり取りが有効な手段となります。例えば、仮設の敷設概要を現場から図面でもらったり、現場で敷設概要が示せたりすることで、現場とのやり取りの効率化が期待できるでしょうし、また重機を現場で利用する時など、配置計画等に図を用いて打合せを行うと効率的になったり、その重機が公道にかかる場合の申請図書の作成に必要であったりと、図を用いることは多分にあります。
実際、図面や見積書の作成作業にはソフトウェアを利用していますが、現場との間で利用するソフトウェアが異なることが多く、ファイル変換をしたり、出図したものをFAXしたりと手間がかかっているのが現状です。

今回のVisio+仮設・クレーン車シェイプを利用することで、現状のCADの操作性と同等もしくはそれ以上に簡単に扱えるため、利用者の幅も増え、現場とのやり取りを効率化することができるでしょう。またそれに加えて、概算積算などへの応用も可能であり、簡易的な仮設CADとしての利用が見込めると思われます。 ここ数年で現場には先行手すり等安全設備が標準仕様になってきます。今後は安全設備の図形集や面積計算・構造積算等、本格的な設計機能の拡充を望みます。

このページの先頭へ